フィリピンでご飯を食べる@ジョリビー

フィリピンでご飯を食べる@ジョリビー

ジョリビーとは

 

ジョリビー(Jollibee)とは、フィリピンのファーストフードチェーン店。フィリピン華僑のトニー・タンが率いるジョリビー・フード・コーポレーションによる運営である。
2018年現在、フィリピンの他にアメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビア、
カタール、クウェート、シンガポール、バーレーン、UAEに進出している。日本進出も予定している。
創業は1975年で、元々はアイスクリーム店だった。2006年3月現在、フィリピンに1287店舗、
フィリピン以外の諸外国に161店舗を構える。蜜蜂を模したマスコットが特徴。
ジョリビー・フード・コーポレーションは、ジョリビーのほか、ピザ系チェーンのGreenwich、
中華料理系チェーンのChowking、ケーキ専門店チェーンのRed Ribbon、
焼き鳥チェーンのMang Inasal、フィリピンでのDelifranceフランチャイズを運営しており、
ジョリビーとそれらの店舗が併設されていることも多い。

フィリピンの物価は日本と変わりません。

フィリピンでは、沢山お金を出せば沢山食べれます。
安い食事では量が少なく非常にローカロリーです。

唯一異なるのは、フィリピン産マクドナルドともいえる、ジョリビーでしょう。
僅か120P=260円でパスタとハンバーグが食べれます。
晩御飯に食べたのですが、甘ったるいソースが美味しくて完食してしまいました。
ドリンクにお茶を頼むと30P余分にかかってしまいます。

ジョリビーではケチャップにバナナケチャップという素材を使っているので、とても味が甘いのだそうです。

このケチャップの原料はマッシュしたバナナ、砂糖、酢、スパイスと水。
「バナナなのになぜ黄色くないの?」と疑問に思うことなかれ、このケチャップの赤みは着色料の赤なのです。

◎ジョリビーフードのメニュー

Chickenjoy(87ペソ)
Jolly Spaghetti(60ペソ)
Burger Steak(60ペソ)
YUM BRUGER(80ペソ)
Champ(175ペソ)
Cheesy Classic(67ペソ)
French fries(36ペソ)
HALO-HALO SANDY(39ペソ)
Brewed Coffee(30ペソ)
セットメニューのドリンク
ファミリーメニュー

1ペソ2.1円だとすると、全部安いですよね。しかも、ドリンク付きです。

 

◎どこに行けばジョリビーフードが食べられるのか?

フィリピンに行けばどこでも食べることができます。
ジョリビー自体は外国に進出しておらず、フィリピン国内だけのようです。
フィリピン人が出稼ぎに出る場所にジョリビーを出展させるかも、ということを
社長が言っていましたが、それだけジョリビーはフィリピン人のための食事を
提供しているということなのでしょう。
ジョリビーの出店地域なのですが、フィリピン国内であればどこでも見つけることができると思います。
出店形態も様々で、駐車場・ドライブスルーがついた独立型店舗から、ショッピングモールの一角に入っている小型店舗まで様々です

以下私が出演している紹介動画です。

フィリピン旅ブログ一覧

フィリピンでご飯を食べる@ジョリビー

マニラに10日間くらい行ってきた(準備編)

マニラからアンヘルスへ行って帰ってくる

フィリピンでクレジットカードの付帯保険を使って病院に行く

深夜便着の空港からフィリピンのプエルトガレラまでの行き方