フィリピンでクレジットカードの付帯保険を使って病院に行く

NO IMAGE

クレジットカードの付帯保険を使って旅行先の通院費をタダにした

私は海で泳いだ後、ひどい日焼けをしてしまったので、病院に行くことになりました。
ですが、クレジットカード付帯の保険を使ったので、診察料と薬代はすべてタダになりました。

以下利用方法をお伝えします。

私は、jaccsのクレジットカードであるリーダーズカードを持っていたので、JACCSと提携している三井住友火災保険の
緊急連絡先に連絡しました。
ただ、私はスカイプを使っていたので、0120などの番号にかけることができません。
コレクトコール(電話転送サービス)を使って電話をかければ、SKYPEでも緊急連絡をすることができます。
コレクトコールの番号は、
+1 8775330051
で、ここに電話をかけて接続先の電話番号を伝えます。
接続先番号は
+81 188889998
が緊急連絡先だったので、ここにかけることで保険会社に連絡することができます。
保険を使う際は、必ず国際電話で保険会社に連絡してからアポを取って行きます。

 

受付と話をするのですが、

病院によってはヘルプデスクということで、現地に日本人が在中しています。
私が行ったアンヘレスの大学病院はそうだったので、日本語で世間話をしながら、医者との通訳までしてもらいました。
2度のやけどということで、診断され、抗生物質等の薬を2週間分貰いました。

くれぐれも、突然病院に行ってクレジットカードを使う、なんて真似はしないでくださいね。
保険会社に電話で連絡を取って、病院を紹介してもらってから、行くことです。

JACCSリーダーズカードの補償内容

補償項目 保険金額 補償する場合
傷害死亡 最高2,000万円 偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に亡くなられたとき
後遺障害 80~2,000万円 偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に後遺障害を生じたとき、その程度に応じて
傷害治療費用 最高200万円 事故の日を含めて180日以内に偶然な事故によるケガが原因で医師の治療を受けられたとき
疾病治療費用 最高200万円 疾病が原因で旅行期間終了後48時間以内に医師の治療を受けられたとき、または特定の伝染病が原因で14日以内に医師の治療を開始したとき
賠償責任 最高2,000万円 他人の身体の障害または他人の財物の破損または紛失について法律上の賠償責任を負ったとき
携行品損害(免責 3,000円)
1旅行かつ1年間の限度額
最高20万円 携帯品が盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けたとき
救援者費用
1年間の限度額
最高200万円 捜索救助等が必要になった場合

JACCSリーダーズカードの補償期間

一旅行(日本出発から帰国まで)あたり最長90日間

JACCSリーダーズカードの利用条件

初年度年会費無料!次年度以降も利用に応じて無料!
本来は年会費が有料のクレジットカードですが、毎年条件を満たすと年会費が無料になります。

当年度のカードショッピング利用合計金額が30万円以上の場合、本人・家族会員ともに次年度は無料となります。

年間合計30万円未満の場合は、次年度年会費として本人会員2,500円+税・家族会員1名あたり400円+税が必要になります。

年間で30万円ですので、1ヶ月にすると2.5万~3万円の利用です。クレジットカードを普段使わない方でも、ケータイ代や光熱費などを引き落としていればクリアできそうです。

使ってみての感想

いや~クレカ手放せないですねぇ。サービス的に。現金引き落とせるし、保険もついてくるし、至れり尽くせりですねぇ。

 


フィリピン旅ブログ一覧

フィリピンでご飯を食べる@ジョリビー

マニラに10日間くらい行ってきた(準備編)

マニラからアンヘルスへ行って帰ってくる

フィリピンでクレジットカードの付帯保険を使って病院に行く

深夜便着の空港からフィリピンのプエルトガレラまでの行き方