池袋の古都台南担々麺で臭豆腐を食べてきた | 広報活動.JP

池袋の古都台南担々麺で臭豆腐を食べてきた

池袋の古都台南担々麺で臭豆腐を食べてきた

池袋の古都台南担々麺に行ってきた

池袋駅西口から5分ほど歩いたところに古都台南担々麺というお店があって、そこで臭豆腐を食べてきました。

このお店は台湾の屋台をテーマにしたお店で、現地の味をいろいろと楽しめるようになっています。

客単価3000円くらいのお店なので、割と気軽に入れるかと思います。





店の中の様子を映してみた

カウンターから撮影しました。飾りっ気のない店内でした。円卓があるので、何人かで飲みに行ってちょびちょびつまみながらしゃべるのが、本来のこの店の使い方だと思います。一人で行ったもので。。



壁に中国の絵が飾ってありました。カウンターに座ると店のおばちゃんが分厚いメニュー表を持ってきてくれました。厨房にはおじさんが一人いて黙々と料理を作っていました。

今回頼んだのは、133番の臭豆腐です。揚げ台湾臭い豆腐とかかれてありました。日本語が何かおかしな気がしましたが、気にせずにそのまま頼みました。

台湾の屋台では揚げ臭豆腐がよく食べられているようでしたが、蒸した臭豆腐もあるようで、これも気になったのですが、今回は注文しませんでした。

ついに臭豆腐とご対面

店のおじさんが作って持ってきてくれました。結構量があるように見えますが、一皿目だし食べれるだろうと思って、全部食べる気で食べ始めました。

すざまじいにおいを放つ物体なのかと思いましたが、意外にもにおいは抑え目でした。納豆とにおいの強さは変わらないかもしれません。

前に別の店で中国式の臭豆腐を頼んだことがあったのですが、それは結構なにおいを放っていました。台湾式は匂い抑え目ということを聞いていましたが、

鼻を近づけてかがないと匂わないくらいで、拍子抜けしたくらいでした。

豆腐の中は緑色をしているのかも、と思ってかじってみましたが、普通の豆腐と同じ色をしていました。



これは店で出てきたものではないですが、thats生の中国製臭豆腐です。ゲロと便所のにおいを足して二で割ったかのようなアンモニア臭が漂うのがきっつい臭豆腐なんです。

この豆腐が真っ白。。本当に臭豆腐なのだろうか?でも食べてみるとほのかに口からにおいが鼻に抜けていくのがわかります。台湾製はお上品ですね。



ホクホクして食べているとあっという間に残り三個になってしまいました。

タレをつけて食べると美味しいです。ずっと食べてると、ただの揚げ豆腐をしょっぱくして食べているかのような錯覚を覚え始めました。

担々麺を食べてみた

担々麺というとゴマの入ったスープにチンゲン菜が乗っていて、麺と絡めて食べるおいしい食べ物なイメージがありますが、台湾式は一味違います。

これで250円なり。澄んだスープのミニラーメンのような担々麺が出てきました。ちなみに、味玉で+100円なので、元の値段は150円でした。

食べた感想は、スープに味がもっと欲しいと思いました。

台湾は味薄目なんでしょうか。臭豆腐も薄かったし、、、



食べ終えた感想

台湾式の臭豆腐は万人を選ばず、誰でも食べれるような味とにおいをしていました。

生のあさりとか、このお店のはおいしいらしいので、今度行く機会があったら行って食べてみたいと思います。

シュールストレミング的なノリを期待するのなら、中国式臭豆腐が食べれるお店をお勧めします。

でわ。