TICというボタンをつけるプラスチックの機材を使ってみた。 | 広報活動.JP

TICというボタンをつけるプラスチックの機材を使ってみた。

TICというボタンをつけるプラスチックの機材を使ってみた。

TICというボタンをつけるプラスチックの装置を使ってみた。

TICとは

通常服のボタンが外れたら、針と糸でボタンをつけますが、TICの場合はプラスチックの留め具を使ってボタンを留めます。

といってもわかりにくいので現物を見ていきましょう。



TICはどこで買えるのか?

AMAZONや東急ハンズで買えます。AMAZONのほうが安いのですが、まとめ買いをしないといけなくなってしまうので、今回は東急ハンズで買いました。

手芸コーナーに行くと置いてありました。

思ったより小さくて、よく見て回らないと見つけることは難しいでしょう。



買って中を見てみました。

取付方法が書かれてあって、

①服にプラスチックの留め具を通す

②ボタンに留め具を通し、上からさらに留め具をつける

③留め具をクリップから外して設置完了。4つ穴の場合はもう1セット行う。

ようです。

パーツを取り出してみました。

留め具側です。

針側です。

使ってみた

今回使ったのはこのワイシャツです。

というか、留め具のサイズ的にワイシャツのボタンでないと使えないのです。



針付きの留め具をシャツに通します。ところが、シャツが硬くてなかなか針が通りませんでした。。。

ボタンに針と留め具を通します。これでワンセット完了です。もう片方にもTICをつかってとめていきます。

4つの穴の留め具を留めました。シャツの袖を無事に閉じれたようです。

AMAZONでticを買うといくらなのか

300円ちょいです。針と糸を持ってない人におすすめです。