TOEIC PART7 攻略 | 広報活動.JP

TOEIC PART7 攻略

NO IMAGE

TOEIC PART7 の 攻略をじっくりと考えてみた。

PART7は長文読解で大量の英文を読まないといけません。

その前に、まず一文単位で、精読ができないといけません。

一文を正確に読み取れているか、和訳と照らし合わせながら、もし読み間違ったのなら、原因を文法なのか単語なのか理解する必要があります。

単語が不足しているのであれば、覚えなければなりませんし、文法であれば文法を復習し、例外的に見慣れない表現であったならば、そういった表現が違和感のなくなるまで何度も読む、といった作業が想定されます。

さらに、文を早く読み込むためには、単語が頭の中でどれだけ強くスムーズに認識されているか、ということを音読や黙読を通して、確かめなければなりません。

  • 音読をするけれども、意味が頭の中で動いていない。黙読をするけれども、意味がよく理解できていない。

その文、精読できますか?

できるけれども時間がかかる。

そういった場合は意味の頭への定着が不足していたりするので、何度も反復して文や単語を見慣れることが必要だと考えられます。

あるいは、単語の意味が頭の中にするりと入ってこない、パッと理解できない。

そういった場合は、頭の一部機能の低下が推測されるため、そういった場合には、単語の意味を十分に時間を取って考えてみる、もしくは、文章を頭の中で一枚の映像にしてみる、という頭の動かしの練習が必要になるかもしれません。ちなみにこれは、記憶ではなく、認識のちから、という部分に限ります。記憶の場合は覚えにくい単語、たとえば日本語でも使い慣れていないとか、ピンとこない単語とか、そういったものがあるかと思います。

目で追って理解するくらいの速さでの読み込みは、特殊な訓練が必要になりますので、まずは、こういったことをきっちりとできるように問題集でトレーニングをしていく必要があります。

これらを意識しながらPART7をうまく攻略していきたいと思います。