WPテーマの中でも使いやすいマテリアルとgraffieとliontheme | 広報活動.JP

WPテーマの中でも使いやすいマテリアルとgraffieとliontheme

WPテーマの中でも使いやすいマテリアルとgraffieとliontheme

フリーでそこそこ使える、ブログ型のテーマをリストアップしてみた。

フリーのテーマは、文字幅や文字サイズやコンテンツ間の行間が見づらい仕様になっているものや、h1タグなどをおしゃれに改造していないものなどがある。

正直見た目の問題なので、テーマ作成者のセンスが問われるわけで、実際に使ってみないとわからない。

そんなテーマの中から3つこれはと思うものを選んでみた。



マテリアル2

カード型のブログテーマでサイト幅などは最適化されている。

トップページに特徴があって、全体を一覧にして表示する画面と、カテゴリーごとに一覧にして表示する画面を同時にトップページに表示する。

色づかいが若干けばけばしいが、見た目やみやすさは合格点なので、選択支に入れた。



graffie

stingerをカスタマイズしたテーマで最新版は見た目が非常に整っている。

フリーの中では一番ブログ型に適しているのではないかと思われる。

色選択がフリーの中では細かくできるほうなので、サイトのカスタマイズもできる。

ちなみに、素のstingerは画面が崩れたような印象があるので、不合格でした。



LION THEME

ライオンがトレードマークのテーマLIONTHEMEです。

カスタマイズ性が3つのテーマの中で一番高く、目次を自動で作成するテーマだったり、ブログ用にh1タグの装飾が作ってあったりします。

ちなみに、このブログのテーマにもなっています(2018/4現在)

見た目はgraffieに譲りますが、カスタマイズの高さからこのテーマを選択するばあいもあるでしょう。

WPのテーマはお金を出して買うべきか?

なぜかというと、フリーのフォーマットは色カスタマイズができないものや、画面表示がいまいちで見づらいものが多いからです。

お金があるのなら、以下のテンプレートを買うべきです。

  • MAG
  • stork
  • hammingbird

等のサイトデザインに凝ったテーマを最初から導入して、書くことに集中するべきでしょう。

テーマを変えると、サイトデザインが変わってしまうため、最初から有料テーマを使うことを推奨します。